鍼灸

東洋医学に属します

中国が発祥の鍼灸は、遣隋使や遣唐使が日本に伝えた技術と知識の一つでありますが、江戸時代になると独自の進化をとげました。それは江戸幕府の盲人を鍼灸の専門医として教育を、し始めたことに端を発しその時に発展した技法は今日にまで受け継がれたのです。

目の健康に関わる職業

女性たち

目の健康に関わる国家資格

視能訓練士という職業を知っていますか。視能訓練士は医療技術職の一種で、視能訓練士法という法律に基づく国家資格です。医療現場では「CO」との略語で呼ばれています。仕事の内容は、眼科での一般検査の施工、視能強制、眼のリハビリ指導、眼科関連の検診業務などがあります。具体的な業務内容をみていきましょう。近視・遠視・乱視などの屈折異常に関する検査、白内障や緑内障などに関する検査、めがねやコンタクトレンズの処方に必要な検査等を担っています。眼科を受診し、視力検査や眼圧検査、市や検査などを受けた経験のあるかたも多いのでは無いでしょうか。また、弱視や斜視といった病気を耳にしたことがあると思いますが、そういった疾患を持つ患者に、視機能を回復させるための視能訓練指導も行います。しかし、加齢に伴う視力低下や生活習慣病の影響による眼疾患(糖尿病性網膜症など)の場合は、視機能の十分な回復が困難な場合もあります。そのような場合、拡大鏡や双眼鏡、遮光眼鏡などといった低下した視機能を補助するための道具から患者の生活状況なども考慮して個々に合った適切なものを選び出し、その使い方を指導するリハビリ業務も行っています。また病院だけでなく、眼疾患の早期発見・早期治療へとつなげていくために3歳児や就学時の健康診査などの分野でも活躍しています。現在の日本は高齢化や生活習慣病の増加などが背景にあり、眼疾患や視機能に問題を抱える人が増加しています。また、医療現場においては患者1人ひとりに合った適切な医療を提供することが求められており、チーム医療が不可欠となっています。多職種が連携するチーム医療体制において、視能訓練士は今まで以上に必要とされる存在になっています。

男性

放射線のプロになるために

診療放射線技師になるためには、3年以上大学や専門学校で学んで国家試験に合格する必要があります。大学でのカリキュラムは1年次には数学や英語などの基礎教育科目を学び、2年次には放射線の基礎知識を習得し、3年次に放射線機器の操作や撮影を覚え、4年次に実地研修を行う流れが一般的です。

PC操作

やりがいと専門性がある

医師事務作業補助の仕事は、女性からの人気が高いやりがいがあり専門性も求められる仕事です。仕事を行う際には資格は必須ではありませんが、できれば自らの専門性を証明するためにも持っておいた方が良いでしょう。

男性

憧れの職業になるには

視能訓練士になるためには、視能訓練士国家試験に合格する必要がある。視能訓練士国家試験の受験資格を得るためには養成課程のある学校に進学し、必要な知識・技術を修得して卒業する必要がある。また、養成課程のある学校に進学するには、高校卒業もしくは高卒認定試験に合格していることが前提条件となっている。

鍼灸

東洋医学にも資格が必要

鍼灸師になりたい場合は、大学か専門学校で授業を受ける必要があるので、どちらがよいかまずは選びましょう。また、学校によって国家試験の合格率が異なるため、卒業後すぐに鍼灸師になりたいなら、試験に強いところを選びましょう。