憧れの職業になるには

男性

国家試験の合格が必要

視能訓練士という職業は、国家試験を受験して合格したのちに厚生労働大臣より与えられる国家資格です。視能訓練士になるためには、年1回実施される視能訓練士の国家資格を受験し、合格する必要があります。視能訓練士国家試験の受験資格を得るための道は複数ありますが、専門学校や大学などに進学して学ぶ必要があり、高校卒業または高卒認定試験に合格しておく必要があります。以下では視能訓練士になるための進路・受験資格の取得方法について具体的に説明します。1つ目の進路は、視能訓練士養成課程のある専門学校(3年以上)に進学する方法です。高校卒業後、最短3年で視能訓練士の国家試験を受験できます。2つ目は、視能訓練士養成課程のある大学(4年生)に進学する方法です。大学では、最短4年で受験資格を得ることができます。3つ目は、大学または短大、看護師や保育士等の養成校において指定科目を履修したあと、視能訓練士養成校(1年以上)に進学する方法です。こちらは、最短で2年生+1年での3年で受験資格を得ることができます。受験資格を得るためには、上記養成校に進学するだけでなく、卒業していること(もしくは卒業見込みであること)が条件となります。卒業見込み者が受験した場合、たとえ得点数が合格ラインに達していたとしても、卒業できなければ資格は与えられません。視能訓練士という職業は、眼に関する様々な検査と訓練を行うためのエキスパートである。そのため、国家試験に合格するためには、基礎医学大要・基礎視能矯正学・視能検査学・視能障害学、視能訓練学といった幅広い知識が求められる。