東洋医学にも資格が必要

鍼灸

学校に通って資格を得る

西洋医学のための資格は、学校で定められた勉強をしなければ取得できません。しかし、東洋医学の場合は、学校に通うのではなく、弟子入りをして師匠から技術を取得するものだと考える方もいるはずです。確かに、その方法でも技術は習得できますが、働くために必要な資格は取得できません。それは、鍼灸師も同じことなので、鍼や灸を使った東洋医学で人を癒やしたいなら、必ず学校に通うようにしましょう。なお、鍼灸師になるための勉強が行える学校は、大学(短大)と専門学校の二つがあります。大卒の資格が欲しければ大学に通って、いらないのなら専門学校に通うことをオススメします。専門学校のほうが通う期間が短いので、より早く鍼灸師として働き始められるからです。もちろん、学校によってカリキュラムや講師が違うため、どうしても通いたい大学や専門学校があるのなら、そちらを優先したほうがよいでしょう。また、鍼灸師の資格を取るついでに、同じ期間であん摩マッサージ指圧師の資格まで取得できるお得な学校も存在しています。そちらは鍼灸師と相性のよい資格なので、活躍の場を広げたいなら、両方取得できる学校も候補にしましょう。ちなみに、鍼灸師は国家資格なので、ほかの医療系と同じように、学校を卒業した後に国家試験が待ち構えています。年々難しくなってきているといわれているため、ペーパーテストが苦手ならば、鍼灸師の国家試験の合格率が高い学校への入学も考えましょう。